リトアニアのチョコレート

2013.12.15 Sunday
冬はチョコレートが美味しい季節です!(よね??)


         (贈り物用ラッピング:3色テープはリトアニアの国旗のカラーをイメージして)

11月にオープンした、「 LT shop 」へ行きました。
リトアニアの暮らしに寄り添った工芸品や、リネンウェアなどを紹介するお店です。

本日のわたくしのお目当ては、日本初上陸のハンドメイドチョコレート「NAIVE」。
こちらのチョコは、カカオのパーセンテージや味のバリエーションも豊富な8種類!
少し試食をさせていただくと、どれもこれも美味しいすぎて選べない〜〜。。
カカオの量が多めのチョコは、苦いイメージが先にきてちょっと苦手だったのですが、
これはオーガニックであることはもちろん良質な素材からつくられ、例えて言うとほ
のかにハーブの香りがするような(?)上品な味わいのチョコレートなのです。
本国リトアニアの工房では、その日に使用するカカオを丁寧に自家焙煎してつくられ
ているのだそう。ひとつひとつ作り手の職人さんのサインが入ったパッケージからは、
チョコレートづくりに対する自信やこだわりを感じさせてくれます。
        (そのうつくしい中身のパッケージは ぜひ、お店で直接ご覧くださいませ!!)

贈り物様に包んでくださった写真の包装紙は、ショップで制作したオリジナルのもの。
実はこの写真、リトアニアの蚤の市に出店していたおじさんにすすめられたのだとか。
少し前のリトアニアの人々の写真(プロマイド?)を大量に持ち帰り(押し付けられ??)
どうしようかしら、、と悩んでいた時に思いついたアイディアなのだそう。笑
センスの良い店主、松田さんの手にかかった写真達は 素敵に大変身を遂げたのです。

チョコレートは今のところ、LTshop だけでのお取り扱いですが、これから少しづつ
販売する店舗も増えてゆくそうです。
チョコ以外にも、松田さんがリトアニアで出会った手工芸品や骨董品、雑貨は、どれ
もお話がつきないほど物語のあるすてきなものばかり!リトアニアの文化に触れるこ
とが出来る小さな秘密基地のような「LT shop 」ぜひ足を運んでみてくださいませ♪

LT shop
渋谷区神宮前 3-38-11 原宿ニューロイヤルマンション 2F 212号室
15:00〜20:00/12:00〜19:00(日曜日)・定休日:水
TEL: 03-3401-0302


『 TAPE TOKYO 』@ spiral

2013.11.30 Saturday
『 朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)
色づいた木の葉が あたり一面に舞い散る今日この頃、明日からはもう師走ですね!


          (補強の為、会期中も日々テープを巻いているそうです ↑ つ、筒が。。)

クロアチアとオーストリアを拠点に活動している NUMEN / FOR USE(ヌーメン /
フォー ユース)
のアジア初個展『 TAPE TOKYO 』を先日体験してきました。

この作品、なんとビニールテープを幾重にも巻きつけてカタチ造られているのです!
いつもの梱包に使う あのテープで、こんなモノがつくれるのですね、、と驚きです。
会期の前半は、日ごとに変化しながらつくられゆく制作過程を公開しておりました。
制作完成後の現在は、実際に作品の内部にはいって鑑賞する事ができるのです。

何かに飲みこまれたような、不思議で何ともいえない包み込まれるこの感覚 。。
うまく言葉で表現できません、、お時間ございましたらぜひ体験してみてください!
                 (スロープを登りながら作品を眺めるのもお薦めですょ)

TAPE TOKYO
 スパイラルガーデン:東京都 港区 南青山5-6-23 スパイラルビル 1F
 ◆開催概要◆ *入場料:無料
 公開制作 2013年11月18日(月)−11月24日(日)
 作品展示 2013年11月25日(月)−12月4日(水)


帯留展 in 結城「結い市」の様子

2013.11.13 Wednesday
あっと言う間に11月も半ばにさしかかろうとしていますね 、、
遅くなりましたが、茨城県 結城市で開催した「 帯留展 in 結い市 」の様子を写真で少しご紹介!



展示場所の奥順さんのお屋敷は、かつて連続テレビ小説の舞台モデルとなったお部屋で、普段
は一般開放されていない、文化財でもある大変貴重なお部屋にて展示をさせて頂きました。
今回も新作帯留を中心に、机いっぱいに広げてゆっくりご覧いただけるようにと心がけました。
そして画像下のゆるキャラは、その名も “まゆげった” くん。子供たちに囲まれて人気者ですね♪

街中では、酒蔵や今は使っていない旅館や見世蔵、神社を巻き込んでのライブなどなど、、
とにかく盛りだくさんで大充実の内容。しかしわたくし、昼間は終日部屋に詰めており、よそ
様の展示を見る事もままならずで、、ほんとうに残念!( 店主ですのであたり前なのですが。。)

次回はゆっくり 歴史ある街並を散歩しながら「結い市」を楽しんでみたいと思っております。
結城が一番に盛り上がると言われるこの日に、来年は是非、皆様もたずねてみてください!

ちなみにお世話になった「奥順」さんが 松原さんらと共に、本日より伊勢丹新宿店の催事に
参加しています。結城紬の暖かいストールや新作にも出会えます、どうぞお運び下さいませ!

☆【 全国IKESHOKU展 】場所:伊勢丹新宿本店 7階 会期:11月13日(水)〜11月19日(火)
  → 昨年の様子はこちらの記事にも



「和菓子の贈りもの」展

2013.11.09 Saturday
  
   


福留千夏さんより展示のご案内をいただきました。
ブログ内でも以前ご紹介しましたが、今回は赤坂の虎屋ギャラリーにて開催する展覧会
の、和菓子の模型制作を一部担当されました。
これがもう 本当に模型なのですか !?というくらいに、うつくしくて美味しそうで 。。
展覧会では贈答用の和菓子をめぐる、様々な あっと驚くような物語も紹介されています。
なにより、福留さんの丁寧な仕事ぶりに わたくしとても感動いたしました 。

小さな会場ではありますが、こちらの虎屋 赤坂本店では虎屋文庫という部署のスタッフ
が中心となり、和菓子についての企画展を年に1〜2回ほど開催しています。
和菓子の歴史的な背景や意匠、貴重な文献やコレクション、ワークショップ等を通して、
展覧会毎に冊子も制作し、和菓子をより深く丁寧に伝える場所として機能しています。

この日は偶然にも、虎屋文庫の中山圭子さんに久しぶりにお目にかかりました。 最近寄
稿されたという雑誌を頂いたのですが、47都道府県から一つずつ郷土菓子の代表を決定
するという面白い本でした。 中山さんの著書は他にもたくさんありますので、和菓子好
きの方はぜひチェックしてみてくださいませ!

和菓子の贈りもの 』展
 虎屋ギャラリー(虎屋ビル 2F)
 東京都港区赤坂 4-9-22  Tel : 03-3408-2402
 11月1日(金)〜 30日(土)10時〜17時30分:入場無料


和綿の花

2013.09.01 Sunday

                          * 8/29 に花が咲きはじめました!

いよいよ九月に入りました。
今か今かと待ち望んでいた “ 和綿の花 ” が、ようやく花を咲かせてくれました。

鮮やかなレモンイエロー色をした花と、シベの造形はなんだかとてもエキゾチック。。
“ むくげ ” の花にもよく似ているのは、同じ “ アオイ科 ” だからだそうです。
遅ればせながらの花盛りです。あともうひと月ほどすると 綿もはじける予定です♪

秋のおとずれかしら?と思っていたところに、また暑さが戻ってきてしまいました。。
季節の変わり目です、どうぞ皆様 体調にお気をつけくださいませ!


<< | 2/8PAGES | >>

帯留めショップへ

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

profile

selected entries

categories

archives

links

search this site.

mobile

qrcode